端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - ライトニングFAX (Ver.5.5-59 -> Ver.5.5-60)

バージョン情報

ライトニングFAX
(Ver.5.5-59 -> Ver.5.5-60)
 
強化項目
以下の機能を強化しました。

[ドライバ機能関連]

◎Dialogic社製TR1034ボードを使用している場合の信号送出レベルのデフォルトを、ボードメーカ推奨値としました。
 ・アナログボードは0dBから-6dBに変更
 ・BRIボード、およびPRIボードは-12dBmから-18dBmに変更
改修項目
以下の問題点を修正しました。

[サーバ機能関連]

・新規インストール時にレジストリ[FontSize]が作成されるため、ネットワーク印刷時の情報付加機能において[FontSizePoint]を設定変更しても[FontSize]が使用される。
     
[ドライバ機能関連]

・NTTデータ先端技術社製VOISTAGEマルチメディアボックスを使用している場合、LFdriverサービスの起動時に、ライトニングFAXドライバのいくつかの回線が使用不可の状態となることがある。
     
・NTTデータ先端技術社製VOISTAGEマルチメディアボックスを使用している場合、FAX送受信処理タイムアウト時間が18分以上に設定されていても、FAX送信で1ページに18分以上の通信時間を要すると、必ず送信が失敗する。(エラーコード:40001)
     
・NTTデータ先端技術社製VOISTAGEマルチメディアボックスで以下の通信デバイスを使用している場合、通信終了直後のFAX受信に失敗することがある。
 ・VS-412MB
 ・VS-2301MB