端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - ライトニングFAX (Ver.5.5-61 -> Ver.5.5-62)

バージョン情報

ライトニングFAX
(Ver.5.5-61 -> Ver.5.5-62)
 
強化項目
以下の機能を強化しました。

[受信FAX効率化機能関連]

◎ライトニングFAXビューワ内でのワンタッチ操作で、対象カラムをクリアできるようにしました。
改修項目
以下の問題点を修正しました。

[ドライバ機能関連]

・Dialogic社製TR1034ボードを使用している場合、OS起動時にブルースクリーンが表示されることがある。

・Dialogic社製TR1034ボードを使用している場合、FAX送受信失敗時のエラーコードが「29999」(定義されていないエラーコード)となることがある。

・NTTデータ先端技術社製VOISTAGEマルチメディアボックスを使用している場合、FAX受信時にlfdriver.exeのアプリケーションエラーが発生することがある。

[クライアント機能関連]

・カラム名変更機能を使用すると、標準検索機能で検索対象項目に文字列タイプを使用した場合、あるいは詳細検索した場合に、正しく検索できないことがある。

・標準検索機能で検索対象項目に文字列タイプを使用した場合に、後方一致で正しく検索できないことがある。

[受信FAX効率化機能関連]

・ライトニングFAXビューワを使用して、項目編集フィールドを変更後、保存せずに受信FAX分割機能の操作をすると、変更を保存するかどうかの確認が行われない。

・ライトニングFAXビューワを使用して、項目編集フィールドを変更後、保存せずに以下の受信FAX分割機能の操作をすると、保存に失敗する。
 ・分割元アイテムの完了処理として「削除」
 ・分割元アイテムの完了処理として「転送」

・ライトニングFAXビューワ内でのワンタッチ操作で「転送」/「削除」が選択されている場合、変更された項目編集フィールドの保存に失敗しても転送/削除されてしまう。

・ライトニングFAXビューワのズームが以下の場合、スタンプ機能キーボタンでスタンプアノテーションが正しい位置とサイズで貼り付かないことがある。
 ・高さに合わせる
 ・幅に合わせる
 ・全体を表示
 ・75%
 ・150%
その他
以下の仮想環境での動作を確認しています。
詳細は「仮想環境の確認状況」をご参照ください。