端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - IC3  (アイシーキューブ) (Ver.8.02-01 -> Ver.8.03-01)

バージョン情報

IC3  (アイシーキューブ)
(Ver.8.02-01 -> Ver.8.03-01)
 
強化項目
以下の機能を追加しました。

[システム全般]

◎iOSで利用できるようにしました。バージョンは、5.1と6です。
改修項目
以下の問題点を修正しました。

[システム全般]

・クライアントインストーラを使用してインストールしたPCは、Ver.8.01-02以降のクライアントインストーラではバージョンアップできない。

・サーバプログラムがクライアントプログラムとの通信の終了を認識する前に、クライアントプログラムが通信エラーなどにより再接続処理をおこなうと、サーバプログラムが異常終了することがある。

・傍聴ユーザが入室している状態で、一般ユーザの入室と退室が同じタイミングでおこなわれると、サーバプログラムが異常終了することがある。

[会議機能関連]

・Ver.7の会議参加で使用したInternet ExplorerでVer.8の会議に参加すると、エラーになる。

・複数のPCから同じユーザIDで会議に参加しようとすると、入室できることがある。また、同じユーザIDのユーザが退室し、再度入室しようとしても入室できない。

・会議室にAndroid端末が入室している状態で別のAndroid端末が入室すると、先に入室していたAndroid端末が強制退室になる。

・以下の場合、「Mode-auto」プロファイルで設定している帯域上限に達していないにもかかわらず、品質調整がおこなわれてしまう。
  *カメラを使用していない参加者がいる場合
  *傍聴ユーザが発言開始要求ボタンで発言をした場合
  *パケットロストが発生した場合

・「Mode-auto」プロファイルを使用していると、各種設定ダイアログの「ミラードライバを有効にする」の設定が変更できない。

・一般ユーザが2名以上入室したあとに傍聴ユーザが入室したルームでビデオウィンドウのレイアウトを変更しても、以降に参加する一般ユーザのビデオ会議画面上では反映されない。

・アプリケーション選択ダイアログで、Ctrl + Alt + / キーを押すとInternet Explorerが異常終了する。

・選択したアプリケーションの共有中に、アプリケーション選択ダイアログのアプリケーション一覧でデスクトップを選択すると、Internet Explorerが異常終了することがある。

・Ver.8.02-01の環境でミラードライバを利用すると、ゲスト側ではマウスのまわりが黒く表示されてしまう。

[ビデオ・オーディオ機能関連]

・参加者全員のマイクをミュートにしている状態で新しい参加者が入室すると、その参加者の音声も聞こえない。