端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - IC3  (アイシーキューブ) (Ver.8.03-01 -> Ver.8.04-01)

バージョン情報

IC3  (アイシーキューブ)
(Ver.8.03-01 -> Ver.8.04-01)
 
概要
・弊社社名変更に伴い、関連する表記を修正しました。
強化項目
以下の機能を追加しました。

[会議管理関連]

◎iOSアプリケーションがインストールされていない状態で会議に参加しようとした場合、App Storeのダウンロードページへ遷移するようにしました。

◎iOSアプリケーションにてログインに必要な情報を設定できるようにし、ブラウザを使わなくてもログインできるようにしました。

[会議機能関連]

◎「Mode-auto」プロファイル使用しているときでも、ビデオ会議用表示とデータ会議用表示による画面レイアウト変更をできるようにしました。

[iOSアプリケーション 2.00]
※2013年8月4日にApp Storeに公開しました。

◎iOSアプリケーションにてRetinaディスプレイに対応しました。

◎iOSアプリケーションにてバックグラウンドでも会議に継続して参加できるようにしました。

◎iOSアプリケーションにてオーディオのフレームワークを変更し、エコーを発生しにくくしました。

◎iOSアプリケーションにて音量自動調整機能を追加し、マイクから離れた話者の音量を大きくできるようにしました。

◎iOSアプリケーションにてBluetoothオーディオ機器を使えるようにしました。
改修項目
以下の問題点を修正しました。

[システム全般]

・Linux環境で「アイシーキューブ」のサーバプログラムを停止させると、coreファイルを出力することがある。

[会議管理関連]

・会議室予約でゲスト招待するときに、メールアドレスを半角スペースで区切った場合に、同じURLを記載したメールを送信してしまう。

[会議機能関連]

・以下の条件をすべて満たしてルームに入室すると、Internet Explorerが異常終了する。
 *1名以上の参加者が入室している
 *「カメラ、オーディオデバイスを選択する」にチェックを入れない
 *前回の入室時に使っていたカメラを、他のアプリケーションが使用している

・「カメラ、オーディオデバイスを選択する」にチェックを入れて会議室に入室しようとすると、Internet Explorerが異常終了することがある。

・「Blackmagic Intensity」というデバイスドライバがインストールされたPCで会議に参加しようとすると、Internet Explorerが異常終了することがある。

・以下の操作を順にされた場合、他の参加者のビデオウィンドウも表示するはずが、参加者の表示位置で選択していた参加者しか表示しない。
 1. ビデオウィンドウ・レイアウトで1人表示にする(参加者の表示位置で参加者を選択し、同一レイアウトにチェックを入れる)
 2. データ会議用表示ボタンを押す
 3. アプリケーション共有を開始し、終了する
 4. ビデオウィンドウ・レイアウトで初期表示にする

・以下の操作と動作を順にされた場合、先に入室していた参加者と後から入室した参加者のレイアウトが異なる。
 1. ビデオウィンドウ・レイアウトで3人表示にする(参加者の表示位置で「**Auto**」を選択し、同一レイアウトにチェックを入れる)
 2. 新たなユーザが入室する

・「Layout-variable」プロファイルを使用した録画可能なルームに6名以上入室した場合、ビデオウィンドウ・レイアウト画面を表示すると、最下段右端の参加者の領域を表示しない。

・以下の操作と動作を順にされた場合、参加者の表示位置で「**Auto**」になるはずが、参加者を選択している。
 1. 6名のユーザが入室する
 2. ビデオウィンドウ・レイアウト画面の参加者の表示位置で参加者を選択する
 3. 1名のユーザが退室する
 4. 1名のユーザが入室する
 5. ビデオウィンドウ・レイアウト画面を表示する

・以下の操作と動作をされた場合、右下の参加者の領域が未割当てになるはずが、右上を未割当てにする。
 1. 3名のユーザが入室する
 2. ビデオウィンドウ・レイアウトで3人表示にする(参加者の表示位置で「**Auto**」を選択し、同一レイアウトにチェックを入れる)
 3. 最後に入室した1名が退室する

・「Mode-auto」プロファイルを使用していると、画面レイアウト変更ができないため、アプリケーション共有中に参加者の音量を変更できない。

・タッチパネル対応のMicrosoft Windows 8の環境で、アプリケーション共有のホストのときにInternet Explorerの画面をピンチやストレッチでズームしても、ゲスト側に反映しない。

・Microsoft Windows XPの環境で、デバイス設定ダイアログのプリセットのマイク入力ラインの設定を反映しない。

・Android端末の機種によって、会議参加するときにパスワード入力ダイアログを表示することがある。

[iOSアプリケーション 2.00]
※2013年8月4日にApp Storeに公開しました。

・iOS6の端末を縦向きにしてチャットメッセージを入力しようとしても、入力エリアの表示が横向きのときと同じ表示になる。

・iOSアプリケーションで、ビデオ会議メニューを非表示の状態で、参加している会議の終了予定時刻が変更されても、ビデオ会議メニューの終了予定時刻に反映しない。

・iOSアプリケーションで、ホームボタンを押したとき、退出処理よりも先にアプリケーションのプロセスが終了してしまうと、他のiOS端末の参加者の画面では「接続中」を表示したままになる。

・以下の操作と動作を順にした場合、iOS端末のアプリケーション共有画面の表示を通常より小さく表示することがある。
 1. iOS端末を縦向きにしてアプリケーション共有画面を表示する
 2. PCにてアプリケーション共有を開始する
 3. iOS端末にて「接続中」と表示しているときに、iOS端末を横向きにする

・以下の操作と動作を順にした場合、iOS端末で他の参加者の映像を表示しない。
 1. ビデオウィンドウ・レイアウト画面の参加者の表示位置で参加者を選択する
 2. 参加者の表示位置で選択していた参加者が退室する
 3. 退室した参加者が再び入室する
 4. ビデオウィンドウ・レイアウト画面のOKボタンを押す

[iOSアプリケーション 2.01]
※2013年8月12日にApp Storeに公開しました。

・iOSアプリケーションのバージョンアップをおこなっても、バージョン情報を更新しない。