端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - IC3  (アイシーキューブ) (Ver.9.01-02 -> Ver.9.02-01)

バージョン情報

IC3  (アイシーキューブ)
(Ver.9.01-02 -> Ver.9.02-01)
 
強化項目
以下の機能を追加しました。

[システム全般]

◎以下のOSに対応しました。
 <サーバ>
 ・Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard
 ・Redhat Enterprise Linux 5 64bit
 ・Redhat Enterprise Linux 6 64bit
 <クライアント>
 ・Microsoft Windows 8.1
 ・Microsoft Windows 8.1 Pro
 ・Microsoft Windows 8.1 Enterprise

 制限事項(Windows 8、Windows 8.1)
 *アプリケーション共有で、Windows ストア アプリを選択して共有することができません。
 *アプリケーション共有で、Windows ストア アプリの動きがゲスト側で表示されるのに時間がかかります。
 *選択したアプリケーションの共有中に、ホスト側でタッチキーボードを表示するとゲスト側で選択したアプリケーションが表示されません。ホスト側のタッチキーボードを表示しないことで回避できます。
 *Windows標準のマウスをご利用の場合、マルチモニタ環境でアプリケーション共有をおこなうと、マウスポインタが共有できません。
 *ミラードライバはお使いいただけません。

 制限事項(Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1)
 *32ビットのInternet Explorerの利用が前提となります。
 *エコーキャンセラはお使いいただけません。
 *インストール/ビデオ会議開始時にセキュリティの警告ダイアログが表示されます。
 *一部機能についてInternet Explorerの実行権限/保護モードを変更する必要があります。
 *デスクトップの背景にスライドショーが設定されている環境では、アプリケーション共有を終了してもスライドショーが有効になりません。
 *UACが有効、かつInternet Explorerの保護モードが有効である環境で、アプリケーション共有のゲストがリモート操作をおこなうと、ホスト側でWindowsキーを利用するショートカットキーが動作しません。UACを無効、またはInternet Explorerの保護モードを無効にすることで回避できます。

◎以下のブラウザに対応しました。
 ・Windows Internet Explorer 11

 ただし、以下の制限事項があります。
 *Windows 8.1での利用、かつデスクトップ版のみ対応となります。

◎LDAPサーバとの連携機能に対応しました。

◎コンテナ管理者画面で、テナントの追加と削除をできるようにしました。

◎「クライアントからビデオ会議サーバへのアクセス」と「予約システムからビデオ会議サーバへのアクセス」とで、異なるホスト名を指定できるようにしました。

[会議機能関連]

◎会議参加中に、カメラ、オーディオデバイスを切り替えられるようにしました。

◎アプリケーション共有の開始時、共有画面をゲスト側に表示するまでの目安の時間を秒単位で、ホストウィンドウに表示するようにしました。

◎入室時に表示されるユーザーアカウント制御ダイアログとセキュリティ警告ダイアログに、弊社社名が表示されるようにしました。

◎クライアントインストーラによるインストールとアンインストール時に表示されるユーザーアカウント制御ダイアログに、弊社社名が表示されるようにしました。

◎デバイス設定ダイアログのデザインを変更しました。

◎Web会議システムの画面とビデオ会議画面のウィンドウタイトルを変更し、区別しやすくしました。

[IC3 for iPad 9.1.1-1.00]
※2014年5月14日にApp Storeに公開しました。

◎iPad専用のアプリケーション「IC3 for iPad」をリリースしました。

 ただし、以下の制限事項があります。
 *「アイシーキューブ」Ver.9.01-01以降での利用となります。
 *対応機種は、iPad mini、iPad 2、iPad (第3世代)、iPad (第4世代) です。
 *対応するiOSのバージョンは、7.0です。
 *「IC3 for iPad」と「iOSアプリケーション」は、どちらか一方だけをインストールしてご利用ください。
 また、「iOSアプリケーション」と比べて、以下の違いがあります。
 ・システム設定画面の「ビデオ」カテゴリの「初期レイアウト」と「カメラ切り替え」がない。
 ・システム設定画面の「チャット」カテゴリがない。
 ・ビデオ会議メニューとデバイス設定メニューがない。
 ・レイアウト変更画面がない。
 ・参加者情報画面がない。
改修項目
以下の問題点を修正しました。

[システム全般]

・以下のいずれかの条件を満たすと、Android端末とiOS端末から会議に参加できない。
 *予約システムとビデオ会議サーバに異なるhttp/httpsポートを設定している。
 *予約システムとビデオ会議サーバに同じhttp/httpsポートを設定しているが、コンテナ管理者のサーバ管理で「開始時にSSL通信を使用するかどうか」にチェックをつけていない。

・マルチテナント方式で利用している場合、すでに登録されているテナントホスト名でテナントを追加しようとしても、エラーにならない。

・マルチテナント方式で利用している場合、テナントホスト名が33文字以上のテナントが追加されない。

・マルチテナント方式で利用している場合、システムバックアップツールを実行しても、ヘッダ画像と社名画像がバックアップされない。

・マルチテナント方式で利用している場合、Androidアプリケーションをダウンロードすることができない。

・サーバプログラムとPostgreSQLを異なるサーバで動作させている場合、テナントを追加しようとすると、エラーになる。

・「アイシーキューブ エクステンション ビデオ コーデック」のプロファイルが設定された会議への入退室を繰り返すと、会議に参加できなくなることがある。

[会議管理関連]

・会議室予約が一つも存在しない場合、「日付指定なし」の予約ができない。

・Internet Explorer 10で、ゲスト参加者のメールアドレス欄に改行コードを含めて合計65バイト以上を入力して予約しようとすると、エラーになる。

・ゲストユーザで参加可能な会議がない場合に、会議参加画面を表示すると「権限がありません」と表示される。

・Internet Explorerの「言語の優先順位」の設定が「日本語(日本) [ja-JP]」になっていても、英語で記載された会議開催メールが送信される。

[会議機能関連]

・以下のいずれかの条件を満たした状態で、会議参加から30分以上経過後に退室し、再度会議に参加しようとすると、「Authentication Error」というエラーを表示し、会議に参加できない。
 *Web会議システムの「最新の情報を自動更新する」チェックがオフ
 *Web会議システムの「最新の情報に更新」ボタンを押さない
 *Web会議システムの画面遷移をしない

・Web会議システムの画面とビデオ会議画面のそれぞれにアクセスした際に、Internet Explorerの保護モードの設定が異なると、「アイシーキューブ」のクライアントモジュールがダウンロードされない。

・アプリケーション共有中に、各種設定ダイアログでカメラ品質を変更せずに「OK」ボタンもしくは「適用」ボタンを押しても、各種設定ダイアログで選択されていたカメラ品質に変更される。

・Androidアプリケーションで、参加者のビデオ画面が表示されないことがある。

[マニュアル]

・『操作マニュアル-管理者編-』にシステム管理者のユーザIDとパスワードの初期値の記載がない。

・以下のマニュアルに、インストール手順の記載順の誤りがある。正しくは、データベース管理者のパスワードの設定は、PostgreSQLの起動後です。
 *『導入マニュアル-Linux編-』-「4.1 PostgreSQLのインストール」
 *『導入マニュアル(複数構成)-Linux編-』-「4.1 PostgreSQLのインストール」

・『導入マニュアル-Linux編-』の「9.4.2 停止」に、以下の誤りがある。
 誤:# service□postgresql-9.2□start
 正:# service□postgresql-9.2□stop

・『導入マニュアル(ビデオ会議サーバ)-Windows編-』の「4.1 サーバのセットアップ」に、以下の設定できない項目を記載している。
 *「■インターネット設定」の「サーバのホスト名」と「ビデオ会議開始時のデータの暗号化」
 *「■オプション設定」の「会議室予約情報ログ採取」と「メール送信ログ採取」
 *「<オプション設定>」の表の注釈の「会議室予約情報ログ採取」と「メール送信ログ採取」

・以下のマニュアルで、「<オプション設定>」の注釈番号と説明が一致していない。
 *『導入マニュアル(ビデオ会議サーバ)-Linux編-』-「5 セットアップ」
 *『導入マニュアル-Linux編-』-「6 セットアップ」

・以下のマニュアルに、テナントを指定するオプションの記載がない。
 *『導入マニュアル-Windows編-』-「9 ユーザ一括登録ツール」
 *『導入マニュアル(複数構成)-Windows編-』-「9 ユーザ一括登録ツール」

・以下のマニュアルに、テナントを指定するオプションの記載がない。
 *『導入マニュアル-Linux編-』-「10 ユーザ一括登録ツール」
 *『導入マニュアル(複数構成)-Linux編-』-「10 ユーザ一括登録ツール」

・『操作マニュアル-利用者(PC)編-』の「9.8 各種設定アイコン」で、「適用」ボタンの説明に「インターレースを解除する」の記載がない。