端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - TCPLink Enterprise Server 日本語3270エミュレータ (Ver.6.05-02 -> Ver.6.06-01)

バージョン情報

TCPLink Enterprise Server  日本語3270エミュレータ
(Ver.6.05-02 -> Ver.6.06-01)
 
強化項目
以下の機能を強化しました。

[システム全般]

◎以下のOSを動作対象から除きました。
 <サーバ>
  ・Microsoft Windows Server 2003
  ・Microsoft Windows Server 2003 R2

[プリンタ機能関連]

◎IBM社製Personal Communicationsのプリンタセッションで使用するPDFファイルを利用できるようにしました。
改修項目
以下の問題点を修正しました。

[エミュレータコンポーネント/エミュレータコントロール関連]

・「プリンタのプロパティ」や「ローカルコピーのプロパティ」で、以下の項目にシフトJISコードの2バイト目が「0x7c」の全角文字を含むフォルダやファイルを設定すると、ファイル名が正しくない旨のメッセージが表示される。
  ・「基本設定」の「ファイル出力」
  ・編集形式が「Windowsプリンタドライバ」以外での「編集形式別設定」の「シーケンスファイル」

・パスワードによる認証を設定しているユーザのセッション一覧を表示すると以下の現象が発生する。
  ・「パスワードの入力」ダイアログにフォーカスがあたらない。
  ・「パスワードの入力」ダイアログ以外のブラウザ画面を操作しようとするとブラウザで「Webページの回復」が表示される。

[HTML変換/エミュレータBean関連]

・24行×80桁以外の画面サイズのデータを受信した場合、画面内に正しく表示されない。

[プリンタセッション関連]

・サーバ側の設定で以下の条件をすべて満たす場合に、サーバ側で指定した文字セットが有効にならず正しく印刷されない。
  ・「プリンタのプロパティ」で「終了時のプリンタ情報の保存」にチェックが付いている。
  ・文字セットをJIS2004以外からJIS2004、またはJIS2004からJIS2004以外に変更する。

  ※JIS2004以外: 英数カナ文字、英小文字、拡張英数カナ文字、拡張英小文字
  ※JIS2004  : 拡張英数カナ文字(JIS2004)、拡張英小文字(JIS2004)

[ツール関連]

・キーアサインツールで、キーアクションの文字列に全角文字1文字または半角文字2文字以下を登録したキーアサインファイルの設定が正しく読み込まれず、ファイルを保存すると登録していた設定が消える。

・サーバ側のキーアサインツールで、キーアクションの文字列やコメントに全角文字を入力しているキーアサインファイルの設定が正しく読み込まれず、入力していた全角文字が文字化けする。

・クライアントマネージャを最小化すると、省電力モード制御が動作しない。

[セキュリティ関連]

・セキュリティ設定ツールでPKCS#12形式の証明書が読み込めないことがある。
その他
仮想環境での動作を確認しています。
詳細は「仮想環境の確認状況」をご参照ください。