端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - TCPLink Enterprise Server 6680エミュレータ (Ver.6.05-02 -> Ver.6.06-01)

バージョン情報

TCPLink Enterprise Server  6680エミュレータ
(Ver.6.05-02 -> Ver.6.06-01)
 
強化項目
以下の機能を強化しました。

[システム全般]

◎以下のOSを動作対象から除きました。
 <サーバ>
  ・Microsoft Windows Server 2003
  ・Microsoft Windows Server 2003 R2
改修項目
以下の問題点を修正しました。

[エミュレータコンポーネント/エミュレータコントロール関連]

・「プリンタのプロパティ」や「ローカルコピーのプロパティ」で、以下の項目にシフトJISコードの2バイト目が「0x7c」の全角文字を含むフォルダやファイルを設定すると、ファイル名が正しくない旨のメッセージが表示される。
  ・「基本設定」の「ファイル出力」
  ・編集形式が「Windowsプリンタドライバ」、「Windowsプリンタドライバ(LBP)」以外での「編集形式別設定」の「シーケンスファイル」

・パスワードによる認証を設定しているユーザのセッション一覧を表示すると以下の現象が発生する。
  ・「パスワードの入力」ダイアログにフォーカスがあたらない。
  ・「パスワードの入力」ダイアログ以外のブラウザ画面を操作しようとするとブラウザで「Webページの回復」が表示される。

[ファイル転送関連]

・ファイル転送の実行中や終了後のファイル受信画面またはファイル送信画面が表示された状態で、セッション画面を終了させる際のセッション終了確認画面で「OK」ボタンを押下しても、セッションが終了できない。

[ツール関連]

・キーアサインツールで、キーアクションの文字列に全角文字1文字または半角文字2文字以下を登録したキーアサインファイルの設定が正しく読み込まれず、ファイルを保存すると登録していた設定が消える。

・サーバ側のキーアサインツールで、キーアクションの文字列やコメントに全角文字を入力しているキーアサインファイルの設定が正しく読み込まれず、入力していた全角文字が文字化けする。

・クライアントマネージャを最小化すると、省電力モード制御が動作しない。

[セキュリティ関連]

・セキュリティ設定ツールでPKCS#12形式の証明書が読み込めないことがある。
その他
仮想環境での動作を確認しています。
詳細は「仮想環境の確認状況」をご参照ください。