端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - IC3  (アイシーキューブ) (Ver.11.02-02 -> Ver.11.03-01)

バージョン情報

IC3  (アイシーキューブ)
(Ver.11.02-02 -> Ver.11.03-01)
 
強化項目
以下の機能を追加しました。

[システム全般]

◎以下のOSとブラウザの組み合わせをクライアント(PC)の動作対象にしました。
 ・Microsoft Windows Vista SP2 (32bitのみ) + Internet Explorer 9
 ・Microsoft Windows 7 SP1 (Starter除く) + Internet Explorer 11
 ・Microsoft Windows 8.1 (Windows RT除く) + デスクトップ用のInternet Explorer 11
 ・Microsoft Windows 10 + デスクトップ用のInternet Explorer 11
 *64bit版OSの場合は、32bit版Internet Explorerをご利用ください。

◎以下のOSにクライアント(Android)が対応しました。
 ・Android 5.0
 ・Android 6.0

◎以下のOSをクライアント(Android)の動作対象から除きました。
 ・Android 3.x

◎PC環境で、Internet Explorer以外のブラウザを使って会議参加ができないようにしました。

◎ネットワークカメラオプションとミラードライバのインストーラを、「アイシーキューブ」のページからダウンロードできるようにしました。

◎インストールメディアをDVDに変更しました。

[会議機能関連]

◎ビデオ会議画面で、話者判定アイコン(新規)を押した時点での話者を判別して表示できるようにしました。対象クライアントは、以下のとおりです。
 ・PC
 ・「IC3 Ver.11 for iPad」(バージョン11.3.1-1.00)

◎アプリケーション共有の開始時にホスト側で選択した話者を、共有中にゲスト側に表示できるようにしました。対象クライアントは、以下のとおりです。
 ・PC

◎高フレームレートでアプリケーション共有をできるようにしました。対象クライアントは、以下のとおりです。
 <ホスト>
 ・PC
 <ゲスト>
 ・PC
 ・「IC3 Ver.11 for iPad」(バージョン11.3.1-1.00)
 ・「IC3 Ver.11」(バージョン11.3.1-1.00)
 ・Androidアプリケーション

◎クライアント(Android)が、Android4.1以降の機能を利用し、エコーキャンセラ、ノイズサプレッサ、オートゲインコントロールに対応しました。
 *機種によって機能が利用できない場合や効果が小さい場合があります。

◎アプリケーション共有で、Windowsの「ユーザーの切り替え」機能を使って複数のユーザーでログオンしていても、最後に切り替わったユーザーのデスクトップを共有できるようにしました。

◎PC環境で、会議中にUSBデバイスが切断されたときに、デバイス切断検知メッセージを表示するまでの時間を短縮しました。

◎以下の理由で会議参加ができない場合、表示されるメッセージから理由が分かるようにしました。
 ・「アイシーキューブ」サーバとの通信でエラーが発生
 ・「アイシーキューブ」サーバの開始処理でエラーが発生
 ・設定ファイルのダウンロードでエラーが発生
 ・初期処理でエラーが発生

[iOSアプリケーション IC3 11.3.1-1.00/IC3 for iPad 11.3.1-1.00]
※2016年4月11日にApp Storeに公開しました。

◎iOS 9.1、9.2で利用できるようにしました。

 ただし、以下の制限事項があります。
 *会議参加中に他の音声アプリを使用すると、音声または映像が利用できなくなることがあります。
 *Bluetoothデバイスに切り替えられないことがあります。
 *端末の音量調節ボタンでミュートにすることができません。ミュートにする場合は、デバイス設定メニューのスピーカーをミュートにしてください。(「IC3 Ver.11」)
 *初回利用時にマイクへのアクセスを求めるアラートを表示することがあります。マイクを利用する場合は、OKボタンを押してください。
 *「IC3 Ver.11」と「IC3 Ver.11 for iPad」の共存はできません。ご利用のクライアント以外はアンインストールしてください。
 *会議室予約画面に、以下の機能はありません。
  ・「参加者を限定する」
  ・メール通知する場合の「preview」リンク
  ・「会議の公開」
 *会議室予約一覧画面はありません。
 *セミナーモードの予約はできません。
 *ピクチャ・イン・ピクチャ形式の動画は再生できません。(「IC3 Ver.11 for iPad」)

◎iOS 7.0、7.1を動作対象から除きました。

◎iPadをiOSアプリケーションの対象機種から除きました。

◎iOSアプリケーションのビデオウィンドウで、レイアウトの変更とユーザの選択をできるようにしました。これにより、レイアウト変更画面は廃止しました。
改修項目
以下の問題点を修正しました。

[システム全般]

・複数のバージョンの「アイシーキューブ」クライアントがインストールされたPC環境で、Windowsの標準ユーザーでインストールしたVer.11.02-02の「アイシーキューブ」クライアントをアンインストールすると、Ver.11.02-01以前のバージョンの「アイシーキューブ」クライアントも削除されてしまう。

・設定編集ツールで設定の一覧を表示すると、対応していない「アイシーキューブ エクステンション オーディエンス キット」の設定が表示される。

・「アイシーキューブ」サーバの状態を確認するwvmctlコマンドのstatusオプションで、「SSL中継用ポート」が表示されない。

・以下の環境で、設定編集ツールが起動できない。
 <Linux環境の場合>
  *"wvmserver_core.tar.gz"の展開先のディレクトリと同じ階層に、"wvm"ではじまるディレクトリやファイルが存在する。
  *"wvmserver_db.tar.gz"を展開したwvmserverと同じ階層に、"wvmserver_db"ではじまるディレクトリやファイルが存在する。
  *"wvmserver_user.tar.gz"を展開したwvmserverと同じ階層に、"wvmserver_user"ではじまるディレクトリやファイルが存在する。
 <Windows環境の場合>
  *"wvmserver_core.zip"の展開先のディレクトリと同じ階層に、"wvm"ではじまるディレクトリやファイルが存在する。
  *"wvmserver_db.zip"を展開したwvmserverと同じ階層に、"wvmserver_db"ではじまるディレクトリやファイルが存在する。
  *"wvmserver_user.zip"を展開したwvmserverと同じ階層に、"wvmserver_user"ではじまるディレクトリやファイルが存在する。

・コンテナ管理者画面のプロファイル管理画面にて、プロファイル名に使用できない半角スペースが入力できてしまい、プロファイル名に半角スペースを含むプロファイルを適用したルームの会議に参加しようとするとエラーになってしまう。

[会議管理関連]

・ゲスト参加者のメールアドレスが入力されていると、ゲスト参加者を招待しない設定にして予約しようとしても、ゲスト参加者のパスワードの入力の有無がチェックされる。

・システム管理者設定で会議室予約の一覧の並び順を「降順」に設定しているにも関わらず、以下のいずれかの操作後の会議室予約一覧画面では「昇順」で表示される。
 *会議室予約画面、または会議室予約変更画面を開く。
 *会議室予約一覧画面で、表示する日数を変更する。

・ログインロックアウト機能の初期値は“ログインロックアウト有効”であるが、初期値のまま使用すると、ログインがロックアウトされない。

[会議機能関連]

・「アイシーキューブ」クライアントがインストールされたPC環境で、Internet ExplorerのActiveX フィルター機能を有効にして会議に参加しようとすると、「クライアントがインストールされていません。」というメッセージが表示される。

・以下の音量バーをマウスでクリックして選択した状態でマウスのホイールを動かすと表示されるツールチップが、音量バーを再度クリックするまで表示されたままになる。
 *プレビューウィンドウのマイク音量バー
 *参加者ウィンドウの再生音量バー

・PC環境で、デバイスを切り替え中の参加者の以下のアイコンが無効にならない。
 *ビデオ映像切替
 *再生音量ミュート
 *再生音量バー

・参加者ウィンドウをピン止めした状態で、その参加者がデバイス切り替えを行うと、ピン止めが外れる。

・Android環境で、フロントのカメラを利用した場合に、プレビューの映像の上下が逆になることがある。

[マニュアル]

・『導入マニュアル-Linux編-』の「3.2 opensslのインストール」の「■Red Hat Enterprise Linux 5 または6 (32bit) + openssl-1.0.1p」に、以下の誤りがある。
  誤:openssl-1.0.1o.tar.gz をダウンロードします。
  正:openssl-1.0.1p.tar.gz をダウンロードします。

・『操作マニュアル-コンテナ管理者編-』の「3.4.2 サーバ登録」に以下の注意事項が記載されていない。
  *「アイシーキューブ エクステンション レコーディングキット」を利用する場合、ID=0と2台目以降のビデオ会議サーバのローカルサーバ名に”localhost”を指定できないこと。
  *ビデオ会議サーバを複数利用する場合、ID=0のビデオ会議サーバのローカルサーバ名に”localhost”を指定できないこと。

・『操作マニュアル-利用者(PC)編-』の「1.1.3 ファイルのダウンロードを有効にする」が、会議資料のアップロード・ダウンロードの機能を使用する場合にだけ必要であるように記載されている。

・『操作マニュアル-利用者(PC)編-』の「9.2 ビデオ会議用表示」と「9.3 データ会議用表示」に、「画面レイアウト変更を手動で切り替えることができません。」という不要な説明が記載されている。

[iOSアプリケーション IC3 11.3.1-1.00/IC3 for iPad 11.3.1-1.00]
※2016年4月11日にApp Storeに公開しました。

・iOSアプリケーションで、会議の残り時間が60秒以下の場合の終了時間警告メッセージが表示されているときに、他の参加者がデバイス切り替えを行うと、iOSアプリケーションの画面が固まる。

・iOSアプリケーションで、ビデオウィンドウに表示するユーザとして参加者を選択し、ユーザの表示が完了するまでに、その参加者がデバイス切り替えを行うと、「Video Error」でユーザが表示されないことがある。

・「IC3 for iPad」で、アプリケーション共有でリモート操作するときのタッチの位置と、ホスト側のカーソルの位置がずれる。

・「IC3 for iPad」で、フリースペースに2人目以降で参加するときに、パスワード入力ダイアログでパスワードを入力後にreturnキーを押すと、「IC3 for iPad」が終了する。
その他
仮想環境での動作を確認しています。
詳細は「仮想環境の確認状況」をご参照ください。