端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - EDI-Master DEX for Mainframe (Ver.5.01-01 -> Ver.6.00-00)

バージョン情報

EDI-Master DEX for Mainframe
(Ver.5.01-01 -> Ver.6.00-00)
 
変更内容
No 概要 VerUp
区分
変更区分
1 データファイルにおいて「ラージ・フォーマット順次データ・セット」をサポート 機能追加 通信部以外
2 データファイルの管理ボリュームをファイル単位に指定する機能を追加 機能追加 通信部以外
3 データファイルをカタログ化し、マルチボリューム化する機能を追加 機能追加 通信部以外
4 ディスパッチ処理の高速化を図る機能を追加 機能追加 通信部以外
5 着信時に検索するXFILEマクロ件数の上限について説明を追加 説明追加 ユーザーズ・ガイド
6 <全銀TCP手順/全銀-UST手順>
着信時にXLINKマクロを検索する条件に当方センター確認コードを追加
 ・変更前
  XLINKマクロの相手センター確認コード
 ・変更後
  XLINKマクロの相手センター確認コード
  と当方センター確認コード
<JCA-UST手順>
着信時にXLINKマクロを検索する条件にセンターコードを追加
 ・変更前
  XLINKマクロのステーションコード
 ・変更後
  XLINKマクロのステーションコードとセンターコード
仕様変更 通信部
7 伝送時に利用する「伝送ファイルI/O バッファー」のDEX作業域を「論理レコード長」で算出するように変更 仕様変更 通信部
8 多重伝送時に「伝送ファイルI/O バッファー」によるメモリ使用で「16 MB から下の専用域」の空きメモリが不足するため、「伝送ファイルI/O バッファー」の主なメモリ使用エリアを「16 MB から下の専用域」から「16 MB から上の拡張専用域」に変更 仕様変更 通信部
9 EDI-Masterシリーズへの製品統合にともない、製品名を「DEX-Ⅱ」から「EDI-Master DEX for Mainframe」に変更 仕様変更 全体
10 連続してSTARTコマンドまたはRESTARTコマンドを実行すると、コマンドビジーが発生する場合がある不具合を修正 修正 通信部以外
11 ディスパッチのリトライ中、かつ時間帯指定の範囲外で、手動によるSTARTコマンドまたはRESTARTコマンドを受け付けない不具合を修正 修正 通信部以外
12 CNTLコマンドでXLINKマクロを照会すると、HPROT=第4パラメータに指定した「E」が表示されない。 修正 通信部以外
13 「DISPADDコマンドの使用方法」に記載したメッセージ番号の間違いを修正
 誤:DEXM2003I
 正:DEXM239I
修正 ユーザーズ・ガイド
14 掲載漏れのメッセージ番号を追加
・DEXM1586A
・DEX207
修正 ユーザーズ・ガイド
15 メッセージ「DEXM116I」の「DEXの処置」の説明間違いを修正 修正 ユーザーズ・ガイド
16 メッセージ「DEX016」の「操作員の応答」の記載漏れを修正 修正 ユーザーズ・ガイド
17 メッセージログファイルのデータセット編成の説明漏れを修正 修正 導入・移行ガイド
詳細
PDF資料でご確認ください。