端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - ライトニングFAX (Ver.6.00-04 -> Ver.6.01-00)

バージョン情報

ライトニングFAX
(Ver.6.00-04 -> Ver.6.01-00)
 
変更内容
No 概要 VerUp
区分
変更区分
1

WindowsクライアントOS対応版のライセンスを追加
<対応機能>
・ライトニングFAXサーバ
・ライトニングFAXドライバ(MFP対応版)
・ライトニングFAX API
※MFP以外のFAX通信デバイスは利用不可

<対応OS>
・Windows 10 Pro、Enterprise
・Windows 7 Professional(SP1)、Enterprise(SP1)、Ultimate(SP1)
※64ビット版にのみ対応
機能追加 全体
2 ログおよび設定情報を一括で収集する機能を追加 機能追加 全体
3 ライトニングFAXのバージョン情報を一覧表示する機能を追加 機能追加 サーバ
4 電話帳情報の自動設定機能において、受信時のダイヤルイン番号ごとに使用する電話帳を指定できる機能を追加 機能追加 サーバ
5 オープンテキスト社が提供するクラウドFAXサービスを利用してFAX送受信を行うクラウドFAX連携機能を追加 機能追加 ドライバ
6 アバール長崎社製CT Network BOX使用時のFAX入力信号のデフォルトを「-3」から「0」に変更 仕様変更 ドライバ
7 FAXエクスプローラにライトニングFAXオンラインサポートのメニューを追加 機能追加 クライアント
8 ライトニングFAXクライアントインストール時に『ユーザーズマニュアル クライアント編』のリンクをWindowsのプログラムメニューに追加 機能追加 クライアント
9 FAXの通知オプションでタスクバーのアイコンを点滅させる機能を追加 機能追加 クライアント
10 ライトニングFAX電話帳を利用してFAX返信する際、相手先CSIDをキーに電話帳検索する機能を追加 機能追加 クライアント
11 一度無効なライセンスを適用すると、有効なライセンスを適用してもエラーとなる不具合を修正 修正 サーバ
12 ライトニングFAXドライバのサービスが起動しないことがある不具合を修正 修正 ドライバ
13 アバール長崎社製CT Network BOXを使用している場合、V.17でFAX送受信すると他のデバイス(VOISTAGEマルチメディアボックス、TR1034 FAXボード)と比較して通信時間が長くなる不具合を修正 修正 ドライバ
14 アバール長崎社製CT Network BOXを使用している場合、PBX配下に接続するとナンバーディスプレイ情報を取得できないことがある不具合を修正 修正 ドライバ
15 アバール長崎社製CT Network BOXを使用している場合、ネットワーク切断発生後にネットワークが復旧しても自動復旧せずにFAX送受信できなくなることがある不具合を修正 修正 ドライバ
16

アバール長崎社製CT Network BOXを使用している場合、特定のエラーが発生すると、該当のチャネルからのFAX送信がすべてエラーとなることがある不具合を修正
(エラーコード:23076、23079)

修正 ドライバ
17 アバール長崎社製CT Network BOXを使用している場合、特定のFAX機からのFAX受信がエラーとなることがある不具合を修正
(エラーコード:23117、23126)
修正 ドライバ
18 アバール長崎社製CT Network BOXを使用している場合、LFdriverサービスでアプリケーションエラーが発生することがある不具合を修正 修正 ドライバ
19 アバール長崎社製CT Network BOXを使用している場合、送信エラーでFAX通信が終了しているにもかかわらず、送信中ステータスのままとなることがある不具合を修正 修正 ドライバ
20 アバール長崎社製CT Network BOXを使用している場合、FAX受信時に特定のタイミングで相手FAX機からの信号を受信できない場合に受信エラーとなる不具合を修正
(エラーコード:23125)
修正 ドライバ
21 アバール長崎社製CT Network BOXを使用している場合、オフフックのタイミングで信号が途切れるとナンバーディスプレイ情報を取得できないことがある不具合を修正 修正 ドライバ
22 アバール長崎社製CT Network BOXを使用している場合、ライトニングFAXで処理できない形式のTIFFファイルを送信した場合に誤ったエラーコードとなる不具合を修正
<誤>23015
<正>23112
修正 ドライバ
23 NTTデータ先端技術社製VOISTAGEマルチメディアボックスを使用している場合、特定のFAX機からのFAX受信がエラーとなる不具合を修正
(エラーコード:40197)
修正 ドライバ
24 NTTデータ先端技術社製VOISTAGEマルチメディアボックスを使用している場合、送信エラー発生後に送信失敗ステータスになるまで3時間以上かかることがある不具合を修正 修正 ドライバ
25 NTTデータ先端技術社製VOISTAGEマルチメディアボックスを使用している場合、FAX受信開始直後に網から切断通知を受けた場合に誤ったエラーコードとなる不具合を修正
<誤>40255
<正>40003、21016
修正 ドライバ
26 NTTデータ先端技術社製VOISTAGEマルチメディアボックスを使用している場合、CPU高負荷状態になるとVOISTAGE Core Serviceサービスでアプリケーションエラーが発生することがある不具合を修正 修正 ドライバ
27 NTTデータ先端技術社製VOISTAGEマルチメディアボックスを使用している場合、VOISTAGE Core Serviceサービスの起動/停止を連続で繰り返すと、回線とのリンク状態が不一致となり、FAX送信に失敗し続ける、またはFAX受信できなくなることがある不具合を修正
(エラーコード(送信):42002)
修正 ドライバ
28 NTTデータ先端技術社製VOISTAGEマルチメディアボックスを使用している場合、回線品質が不安定な場合にナンバーディスプレイ情報が取得できない不具合を修正 修正 ドライバ
29 NTTデータ先端技術社製VOISTAGEマルチメディアボックスを使用している場合、ライトニングFAX側の切断と回線網からの切断通知が衝突すると、該当回線でのFAX送信に失敗し続けることがある不具合を修正
(エラーコード:42002)
修正 ドライバ
30 ライトニングFAX クライアントの上書きインストール、もしくは修復インストールを行った場合、デフォルトの電話帳ファイルが新規インストール直後の状態に戻ることがある不具合を修正 修正 クライアント
31 受信FAX効率化オプションのライセンス未適用の状態で、ライトニングFAXビューワからFキーを押下するとライトニングFAXビューワでアプリケーションエラーが発生する不具合を修正 修正 クライアント
32 ライトニングFAX APIのサービスが起動しないことがある不具合を修正 修正 API
33 ライトニングFAX APIで1000ページ以上のPDFファイルを送信要求すると、その後のAPIコマンドファイルの処理に失敗する不具合を修正 修正 API
34 『ユーザーズマニュアル アドミニストレータ編』の「応答待ちタイムアウト値を変更する」で、設定変更により対応可能なエラーコードの記載漏れを修正 修正 マニュアル
35 『ユーザーズマニュアル アドミニストレータ編』の「送受信のタイムアウト値を変更する」で、設定変更により対応可能なエラーコードの記載漏れを修正 修正 マニュアル
36 『ユーザーズマニュアル オプション編』の「API コマンド項目一覧」で、「@API_TAG」の有効範囲の記載誤りを修正 修正 マニュアル
37 『ユーザーズマニュアル オプション編』の「PDF ファイル対応について」で、「モード共通の注意事項」にインタラクティブフォームに対応していないことの記載漏れを修正 修正 マニュアル
38 『ユーザーズマニュアル セットアップガイド』の「MFP連携機能の利用設定」で、FAXドライバーの設定を「Canon Job Monitor」サービスのログオンアカウントと同一アカウントで行うことの記載漏れを修正 修正 マニュアル
39 『ユーザーズマニュアル セットアップガイド』、『ライトニングFAXエラーコード詳細』で、エラーコード21112と21113の記載箇所の誤りを修正 修正 マニュアル
40 『ライトニングFAXエラーコード詳細』で、エラーコード200001~200004のリトライ対象の記載漏れを修正 修正 マニュアル
詳細
PDF資料でご確認ください。