端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - TCPLink スタンダード 6680エミュレータ (Ver.2.05-02 -> Ver.2.06-01)

バージョン情報

TCPLink スタンダード  6680エミュレータ
(Ver.2.05-02 -> Ver.2.06-01)
 
強化項目
[プリンタ機能関連]
○編集形式がWindowsプリンタドライバ(LBP)の場合、太字の罫線文字がつながるようしました。

[ユーティリティ関連]
○エミュレータのプロパティで、通信設定をプロパティシート様式からリストボックス様式に変更しました。
改修項目
以下の問題点を改修しました。

[ホストリンクエクスプローラ機能関連]
○ディスプレイセッションの起動、終了を繰り返すと、セッションが終了できなくなることがある。

[プリンタ機能関連]
○編集形式がWindowsプリンタドライバの場合、フォントに“自動設定”を指定すると文字化けすることがある。
○タイプ3データで不正な副指令を受信すると、以降のデータに対してレスポンスを返さなくなる。

[ファイル転送関連]
○ファイル送信設定ウィンドウでバイナリファイル送信設定を登録すると、パラメータリストファイルに固定長の情報が欠落する。

[ユーティリティ関連]
○ツールパネルが非表示で起動されることがある。

[IWS関連]
○マクロコマンドtimeoutが有効にならないことがある。