端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - DirectLink DLC対応版 日本語5250エミュレータ (Ver.2.03-04 -> Ver.2.04-05)

バージョン情報

DirectLink DLC対応版  日本語5250エミュレータ
(Ver.2.03-04 -> Ver.2.04-05)
 
強化項目
[システム全般]
○出荷媒体がCD-ROM版のみになりました。

○文字モードに「英小文字拡張」と「英数カナ拡張」を追加しました。

[ディスプレイ機能関連]
○挿入キーの押下により、挿入モード、上書きモードを切り換えられるようにしました。

○[切り取り]機能をサポートしました。

○挿入モードの場合、カーソル形状を下半分のブロックカーソルで表示するようにしました。

○AS/400からPC側のプログラムを起動するためのコマンド(STRPCCMD)に対応しました。

○UPFキーパッドにウィンドウサイズの変更機能と選択ボタンのヘルプ機能を追加しました。
 また、UPFキーをキーボードに割り当てられるようにしました。

[プリンタ機能関連]
○プリンタ定義(PPR)ボタンのツールチップに、登録されているPPRファイル名を表示するようにしました。

○編集形式がESC/P、PC-PR201H、IBM5575/5577の場合、印刷位置の絶対指定を制御コードで行うようにしました。
 ソフトウェアスイッチ50
  ON  PP絶対位置指定を制御コードで出力。
  OFF 復帰して指定桁までスペースを出力。(従来通り)
  ※ソフトウェアスイッチ11がONの場合は無効。

[ユーティリティ関連]
○マクロ編集でコピー・貼り付け機能をサポートしました。

○キーアサインツールで、左右Shiftキーに機能キーを割り当てられるようにしました。

○機能キーをディスプレイセッションからマウスボタンに割り当てられるようにしました。

[IWS機能関連]
○DDEサーバ・アプリケーション機能カスタマイズ機能をサポートしました。

○DDE対話により提供される機能
  1.画面のテキストデータ、またはビットマップデータの取得
  2.キー入力状態の取得
  3.キーストリングの実行
  4.リンク貼り付け機能
 ソフトウェアスイッチ52
  ON  DDE機能を使用する
  OFF DDE機能を使用しない(従来通り)

○マクロ機能の処理速度を向上させました。
改修項目
[システム全般]
○Lotus社製Notesに添付したファイルが文字化けする現象 改修

[ディスプレイ機能関連]
○ローカルコピーを実行した際、文字モードが正しく反映されないことがある現象 改修

[プリンタ機能関連]
○編集形式をESC/Pに設定した場合、罫線を含むデータの印刷が遅い現象 改修

○ローカルコピーを実行した際、プリンタを認識できないことがある現象 改修

○ダイレクト印刷で行末の文字が印刷されないことがある現象 改修

[ユーティリティ関連]
○バッチファイルで起動時間を指定して複数のマクロを登録すると、時間指定が不正な値で登録されることがある現象 改修