端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - TCPLink スタンダード ETOS エミュレータ (Ver.2.02-01 -> Ver.2.02-02)

バージョン情報

TCPLink スタンダード  ETOS エミュレータ
(Ver.2.02-01 -> Ver.2.02-02)
 
改修項目
Windows 2000の制限ユーザ(Users グループ)に属するユーザアカウントでの動作に対応しました。ただし以下の制限事項にご注意ください。


1.インストールに関する制限事項
- インストールを行う場合は、必ずシステム管理者(Administrators グループ)に属するユーザアカウントを使用してください。

- エミュレータは独自のフォルダにインストールしてください。
WindowsシステムドライブのルートディレクトリやWindowsのフォルダ等にインストールするとシステムが誤動作する可能性があります。


2.アンインストールに関する制限事項
- アンインストールを行う場合は、必ずシステム管理者(Administrators グループ)に属するユーザアカウントを使用してください。

- アンインストールが完了しても、インストールフォルダが完全に削除されない場合があります。その場合はエクスプローラ等を使用して全て削除してください。


3.ファイルシステムにNTFSをご利用になる場合の制限事項
- トレースやローカルコピー等の出力先には、原則としてエミュレータのインストールフォルダをご利用ください。エミュレータのインストールフォルダ以外を使用し、かつ該当フォルダが書き込み禁止であった場合、ファイルは作成されません。