端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - EDI-Master DEX for Mainframe (Ver.3.8-02 -> Ver.4.01-01)

バージョン情報

EDI-Master DEX for Mainframe
(Ver.3.8-02 -> Ver.4.01-01)
 
強化項目
[システム全般]
○西暦2000年(Y2K)問題に対応しました。

[オンラインコマンド関連]
○以下のコマンドに全銀TCP手順用のHOSTパラメータを追加しました。
  OPEN  CLOSE  CANCEL  DISPLAY

○CNTLコマンドの第1パラメータ値’ALL’を廃止しました。
改修項目
[オンラインコマンド関連]
○STARTコマンドを連続的に入力するとDEXM129AメッセージのステーションIDとデータIDが空白になる現象 改修

[全銀TCP手順関連]
○TCP/IP for MVS V3R1上で動作する場合、クライアントが連続的にコネクション開設要求を発行してくると、SocketAPI(ACCEPT)でエラー番号1003が発生し、サーバ機能がダウンする現象 改修

[ユーティリティ関連]
○メインメッセージとサブメッセージの間に日付メッセージが割り込んでいると、出力対象を限定したLOGFPRNT機能がシステムコード0C4でABENDする現象 改修