端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - ライトニングFAX (Ver.5.5-19 -> Ver.5.5-20)

バージョン情報

ライトニングFAX
(Ver.5.5-19 -> Ver.5.5-20)
 
機能改善
○自動印刷のB5,A5対応
改修項目
○PentiumIII 500Mhz以上のマシン+Brooktrout TR114を使用する場合、ダイヤルイン受信が失敗し回線が使用不可になることがある現象 改修

○ダイヤルイン回線使用時、[ユーザ編集]の[ユーザ設定]タブ-[削除オプション]-[新規受信失敗の際に削除]をチェックした状態で新規受信に失敗するとFAX送受信ができなくなる場合がある現象 改修

○ビューワでライトニングFAXで再FAX送信すると、下の方が削除される現象 改修

○ビューワでライトニングFAXを使用したFAX送信でノーマル解像度の場合データが歪んでしまう現象 改修

○アノテーションでテキストがある時に更にTIFFファイルを開くと使用メモリーが増える。マルチページTIFFの自動印刷で2ページ以降拡大される現象 改修

○テキストアノテーションを含むファイルを開いて、フォーカスを当てた後、テキストアノテーションを選ぶとアプリケーションエラーになる現象 改修

○LFAPIでカバーシートのマクロで「@日付」「@時間」を使うと日時のフォーマットが北米仕様(ex. Jan 12 2000 11:16)になる現象 改修

○LFAPIで@COMMENTARYに半角文字のみを設定すると自動改行されない現象 改修

○自動印刷で用紙の自動選択が最初のページの大きさのみで決まってしまう現象 改修

○ビューワでTIFFファイルを保存する時、FILLオーダーを1固定で保存しているため、FILLオーダーが2のファイルを保存すると、TIFFファイルが壊れる現象 改修

○OSの環境によっては、Rev19のFAXエクスプローラ「ユーザー編集」ダイアログが表示されない場合がある現象対応