端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - ライトニングFAX (Ver.5.5-20 -> Ver.5.5-21)

バージョン情報

ライトニングFAX
(Ver.5.5-20 -> Ver.5.5-21)
 
改修項目
○クライアントのリソース編集-FAXヘッダにおいて86文字以上設定されている状態で"現在のページ"や"総ページ数"を追加すると無効な文字列が追加される現象 改修

○クライアントのFAXヘッダ編集で文字を512文字以上入れるとアプリケーションエラーとなる現象 改修

○クライアントのFAXヘッダ追加の項目追加時にフォーカスがリストボックスに無い状態で使用文字数に数字を入れるとマウスオペレーションで終了できない現象 改修

○FAX送受信中にユーザー設定などを行うと、サーバ内部データーベースが不整合になりCPUを占有する現象 改修

○リソース名を変更すると受信FAX転送設定を行っても転送できない現象 改修

○格納転送設定の回線で回線接続後にFAXデータが来ないで終了した場合、サーバがビジーになることがある現象 改修

○REV16からREV20にすると、クライアント起動時にAdministrator権限のあるユーザが「ユーザ編集」の「リスト設定」の「ユーザ」タブで「すべてのユーザ」を選択している場合、「エラー#107(100083)レコード番号とレコードIDがあっていないか無効です」が表示される現象 改修

○クライアントでの印刷仕様をビューワの仕様に統一

○GammaLink FAXボードのファームウェアを 5.3.6G2 へ更新