端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - ライトニングFAX (Ver.5.5-40 -> Ver.5.5-41)

バージョン情報

ライトニングFAX
(Ver.5.5-40 -> Ver.5.5-41)
 
強化項目
以下の機能を強化いたしました。

○Brooktroutボード使用時に、最大通信速度を14400bps未満に設定できるようにしました。

○Lfrasterizerメッセージボックスのボタン押下のポーリングタイムを設定できるようにしました。

○DTMFの取得桁数の可変長機能をサポートしました。
改修項目
以下の問題点を修正いたしました。

○INS1500使用時に、ダイヤルインの有効桁数を0に設定できない。

○Windows 98でワードパッドからFAX送信できない場合がある。

○LFapifbkで"RunInBackground"に"yes"を設定すると、ハンドルリークが発生する。

○送信処理後のLineResetでフォントファイルのダウンロードに失敗し、その回線が使用できなくなる場合がある。

○LFdriverのログファイル出力内容で詳細なデータが記述されない場合がある。

○ログオン画面でサーバの削除ができない。

○LFdriverに不要なログが書き込まれる場合がある。

○INS1500使用時に、FAX送信に失敗しているにも関わらず、ステータスが送信成功になる場合がある。

○LFserverでデッドロックが発生し、FAX送受信不能となる場合がある。

○Brooktroutのファームウェアをバージョンアップ。