端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - ライトニングFAX (Ver.5.5-41 -> Ver.5.5-42)

バージョン情報

ライトニングFAX
(Ver.5.5-41 -> Ver.5.5-42)
 
強化項目
以下の機能を強化いたしました。

○受信失敗時のイメージデータ自動印刷機能をサポートしました。

○INS1500使用時に使用するインストーラを用意しました。

○INS1500対応LFモニタの自動ルーティングの表記を日本語に変更しました。

○INS1500対応LFモニタの受信TIFF形式をグレイ表示にしました。

○LFprintのログサイズの規定値を1MBに変更しました。

○プリンタドライバの印刷画質を改善しました。

○INS用ボードでの以下のエラーを送信リトライ対象に追加しました。
  21034:利用可回線/チャネルなし
  21044:要求回線/チャネル利用不可
  23085:発呼タイムアウト

改修項目
以下の問題点を修正いたしました。

○印刷オプションの詳細印刷でBrooktrout社製ボードとアバール長崎社製ボードのエラーコードの詳細が印刷されない。

○LFビューワでTIFFを開くと、イメージの一番下に黒い線が引かれる場合がある。

○アバール長崎社製INS64ボード使用時に、PCの再起動で回線が使用できなくなる場合がある。

○SMTPゲートウェイ利用でFAX送信時にLFSMTPサービスが止まる。

○FAXエクスプローラのカラム「送信枚数」と「送信/受信完了枚数」の表示内容が逆になっている。