端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - ライトニングFAX (Ver.5.5-44 -> Ver.5.5-45)

バージョン情報

ライトニングFAX
(Ver.5.5-44 -> Ver.5.5-45)
 
強化項目
[システム全般]
◎Brooktrout社製TR1000ボード(INS1500回線)に対応しました。

[クライアント機能関連]
◎ライトニングFAXエクスプローラに、アイテムの検索機能を追加しました。

◎ライトニングFAXエクスプローラのユーザ権限に2つを追加しました。
 ○「パワーユーザ権限(FAX参照)」
 ○「パワーユーザ権限(FAX操作)」

[API機能関連]
◎ライトニングFAX APIコマンドファイルの形式をXMLに対応しました。

◎ライトニングFAX APIのフィードバックで取得するFAX受信データのファイル形式をPDFファイルに対応しました。

◎ライトニングFAX APIからの送信時、FAXヘッダに送信開始ページを設定できるようにしました。
改修項目
以下の問題点を改修しました。

[インストール関連]
・Windows 2000でサービス画面を起動したまま、ライトニングFAXの上書きインストールを行うと、ライトニングFAXのサービスが削除されてしまう。

[サーバ機能関連]
・ライトニングFAXサーバが不正なデータを受信した場合、ライトニングFAXエクスプローラからのログオンができなくなる。

[ドライバ機能関連]
・ライトニングFAXドライバ(INS1500回線)で、1つのBチャネルで送受信が衝突すると、そのチャネルからの送受信ができなくなる場合がある。

・ライトニングFAXドライバ(アナログ回線)で、「TIFFファイルのページ数」を”1”にして受信すると、受信完了枚数が必ず「1ページ」になる。

[クライアント機能関連]
・Office XPなどのアプリケーションから、ライトニングFAXのプリンタドライバ(Lightning FAX または LFEngine)を選択し、印刷のプロパティを操作すると、以下の現象が発生する。
 ○ 印刷のプロパティを開いた際、アプリケーションエラーが発生する。
 ○ 用紙サイズや用紙の向きを変更しても、変更した設定がプロパティに反映されない。

・ライトニングFAXビューワで、24ビットのビットマップアノテーションを貼り付けると、次回起動時にアプリケーションエラーが発生する。

・ライトニングFAXサーバから削除したユーザが、ライトニングFAXアタッチメントから削除できなくなる。

・ライトニングFAXエクスプローラの操作で、ユーザが登録されていないグループにFAXアイテムをドラッグ&ドロップすると、ライトニングFAXエクスプローラ上からFAXアイテムが消えてしまう。

・ライトニングFAXアタッチメントで、50アイテム以上を一度にコピー&ペーストするとエラーメッセージが表示され、50アイテムまでしかペーストできない。

・ライトニングFAXビューワで、高さが12ドットのイメージを表示しようとするとアプリケーションエラーが発生する。

・ライトニングFAXエクスプローラのNobody新規FAX受信通知設定にて、「nobody受信時に通知」にチェックをつけると、以下の現象が発生する。
 ○ 受信したときに設定したユーザ以外に通知されてしまう。
 ○ 受信していないのに通知されることがある。
 ○ 受信が失敗しても「新規FAX受信」が通知される。

・ライトニングFAXエクスプローラのNobody新規FAX受信通知設定にて、「nobody受信時に通知」のチェックをはずした場合、以下の現象が発生する。
 ○ 「新規FAX受信」が通知される。
 ○ 設定がすぐに反映されない。

・ライトニングFAXアタッチメントで、アイテムとフォルダを同時に選択して「ショートカットの作成」を実行すると、ライトニングFAXアタッチメント(LFATT.EXE)のアプリケーションエラーが発生する。

[API機能関連]
・ライトニングFAX APIの@CONVERSION_MODEで、テキストドキュメントをTIFFファイルに変換した際、フォントサイズが反映されない。

・ライトニングFAX APIコマンドファイルのファイルサイズがディスク上のサイズと同じ場合、処理中にライトニングFAX API(LFAPI.EXE)のアプリケーションエラーが発生する。

[電子メールゲートウェイ機能関連]
・ライトニングFAX電子メールゲートウェイ(Lotus Notes版)使用時、FAX送達通知メールが同一時刻に集中すると、ノーツクライアントに送られない場合がある。
制限事項
[システム全般]
・本バージョンはアバール長崎社製 INS64 CT通信ボードに対応しておりません。