端末エミュレータ・EDIソリューション・FAX/CTIソリューション・Webメール・Web会議 各種製品のサポート情報を公開しています

キヤノンITソリューションズ パッケージプロダクトサポート

ホーム - バージョン情報 - IC3  (アイシーキューブ) (Ver.7.01-02 -> Ver.7.02-02)

バージョン情報

IC3  (アイシーキューブ)
(Ver.7.01-02 -> Ver.7.02-02)
 
概要
・弊社社名変更に伴い、関連する表記を修正しました。
強化項目
以下の機能を追加しました。

[システム全般]

◎以下のOSに対応しました。
<サーバ>
・RedHat Enterprise Linux 5

◎以下のOSが動作対象から除かれました。
<サーバ>
・RedHat Linux 9

◎PostgreSQLのバージョンをv8.1.9に更新しました。

◎msi形式のクライアントインストーラを追加しました。

◎システム管理者のユーザIDとパスワードを初期化できるようにしました。

◎システム管理画面からビデオ会議サーバーの管理者画面を表示し、設定もできるようにしました。

◎製品媒体から一括設定ツールを削除しました。

[会議管理関連]

◎会議の参加者を限定する場合に、ユーザ情報に付加したタグ(属性)の選択やユーザ名で検索できるようにしました。

◎グループ単位で登録可能な定員数・ルーム数・ユーザ数・タグ数を指定できるようにしました。

◎グループ・ユーザ・ルーム・タグ一覧に件数を表示するようにしました。

◎会議室予約時に同時接続ライセンス数をチェックするようにしました。

◎会議の予約状況をタイムテーブルで表示し、予約もできるようにしました。

◎会議室予約で、開始時間のデフォルト値を現在時刻にしました。

◎会議室予約で日付を指定せずに予約をできるようにしました。

◎会議室予約画面とゲスト招待画面で、メールアドレスの指定形式を改行区切りで統一しました。

◎ゲストのログイン情報にパスワードを追加しました。

◎傍聴者をゲストとして招待できるようにしました。

◎会議室予約画面で、参加者を限定した場合のみメール通知の設定を表示するようにしました。

◎予約された会議室への添付ファイルの有無をアイコンの色で判断できるようにしました。

◎指定した日数が経過すると自動的に会議室予約を削除できるようになりました。

◎すでに終了した会議室予約を削除した場合は、メール通知をしないようにしました。

◎会議室予約で、削除する権限に変更の権限を追加しました。

◎プロファイルの指定をテキスト入力からコンボボックスに変更しました。

◎ルーム登録時にビデオ会議用途かデータ会議用途かを選択できるようにしました。

[会議機能関連]

◎参加人数に応じて、ビデオウィンドウのレイアウトを自動的に変更するプロファイルを追加しました。

◎議長モードで、強制退室時と議長交代時に議長側に確認メッセージを表示するようにしました。

◎新たな参加者を知らせるメッセージを通知ウインドウで表示できるようにしました。

[ビデオ・オーディオ機能関連]

◎カメラのキャプチャサイズをクライアント側で変更できるようにしました。

◎デバイス設定ダイアログで、スピーカーとマイクのそれぞれでデバイスを選択できるようにしました。

[アプリケーション共有機能関連]

◎同時にリモート操作可能な参加者を1名にしました。

◎ホスト、ゲストそれぞれのウインドウのタイトルバーにリモート操作しているユーザ名を表示するようにしました。

◎リモート操作権限の有無をゲスト側のアイコンで判断できるようにしました。

◎共有ホストバーのデザインを変更しました。

[ファイル転送機能関連]

◎会議に参加しているすべて、または特定の参加者にファイル転送できるようにしました。

[保守機能関連]

◎会議室予約のメール送信履歴を予約ログに出力するようにしました。
改修項目
以下の問題点を修正しました。

[会議管理関連]

・会議室予約画面の「終日利用する」を表示しないようにオプション設定で設定しても、利用終了時間に"24:00"を設定すると、「終日利用する」が表示される。